納骨堂の魅力

納骨堂とは一般的に故人を安置するお墓とは違い、利用する費用が安く、そして距離も近くてさらに日程が短い「安近短」で故人へのお参りや法要ができる施設になっています。
今では東京でも多く見かけられ一般的にである納骨堂はもともと遺骨をお墓に入れてくれなかったり、何らかの事情によってお墓を探す時に遺骨を一時的に預かる施設であって20世紀初頭から存在しどんどん普及していきました。
そのため、納骨堂は仏教寺院の敷地内が建てられている場合が多く、東京都内でもそのような納骨堂がいくつか存在しています。東京などの首都圏では墓石を用いて遺骨を安置させるお墓ではなく、納骨堂を選び利用する人が増えてきています。
お墓のように屋外で天候や気候を気にしながらお参りに気をつけなきゃならないという事はなく、屋内で安置するので天気も気にせずにお参りができます。そして東京都内の良い立地に設立しているためお参りがしやすくなっています。
他にも、東京都内のように首都圏ではありますが、決して広い土地ではなく土地の確保が難しい場所では納骨堂の需要は大きく、生前に自分の遺骨を安置する納骨堂を契約する人もいます。
また、40代~50代あたりの人では自分達の子どもに負担をかけないようにとまだ将来がある年齢からより先の事について考えお墓を選ぶ人もいます。
このように先の事を見据える事ができる以外でも、様々な人のニーズに沿って納骨堂は利用する事ができ、納骨堂が建てられると完売してしまうところもある程で、東京都内での需要の大きさが伝わってきます。

利用する時の相場

東京都内に建てられて需要が大きい納骨堂。メリットがいくつもあるのでぜひ利用とする時にはおおまかでもいくら掛かるものなのかのかを把握してどこの納骨堂を利用しようか検討していきましょう。

納骨堂の安置期間や供養

納骨堂は天候や気候にさゆうされずに安置できる施設でありますが、その安置する期間が納骨堂にはあります。東京の納骨堂の中には半永久的にできる納骨堂もあったりするので期間やいくつかある供養の方法を知っておきましょう。

生前購入でのメリット

東京の納骨堂などでは生前に自分が利用したい納骨堂で収容されるスペースを事前に購入する人もいます。生前購入する事でのメリットとは一体何なのでしょうか?そこには様々な理由を持つ人がいるようです。